食べると太るおばちゃんの秘密

JUGEMテーマ:デトックス

 

今日から始めるアンチエイジング

食べたら太る「おばちゃんとおじさん」の秘密

 

1 おばちゃんの特徴

おばちゃんとおじさんは、「食べたら太る むくむ 下腹だけがポッコリしている」

おしっこが近くなる 腰が曲がる 身体が臭い… 

 

2  おばちゃんになるのは、いつから?

 20歳を超えるとおばちゃんになる事があります

 

3 おじさんやおばさんになるのはどうして?

 

4 ホルモンとは

 ホルモンの作用や生涯での分泌量は スプーン1杯程度です

 

5 ホルモン不足の兆候は

5-1 ニオイで老化度がわかる

  

 

5-2 夏の汗のかき方

   基礎代謝がいい人は

   体温調節ができない人は

6 今日から始めよう! アンチエイジング

  • ストレス 
  • 食習慣

 

6-1 姿勢と内臓

運動不足

  • 姿勢と内臓の位置について
  • 右肩が下がると…
  • 左肩が下がると…
  • 腸腰筋の機能が低下すると
  • 筋肉での産熱が不足したら どのようにして熱を補うの?

 

7 内臓下垂と腸

胃腸が垂れ下がると、胃腸の重みで横隔膜や肺が下に引っ張られる。(内臓下垂)

肺を動かす筋肉はないので、引っ張られた肺は伸び縮みが悪くなり、呼吸が浅くなる。

呼吸が浅いと、全身に十分な酸素が供給されないので、慢性疲労につながる。

横隔膜が下がった状態では、息が十分に吐けない。息が浅く、頻回に呼吸をする。

副交感神経の働きが悪くなり、自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れを引き起こす。

内臓が下垂すると、子宮、前立腺、膀胱など、骨盤の下部の臓器を圧迫する。

卵巣機能の低下、生理不順(ホルモンの低下が起こる)

8 息を吐くと…横隔膜は

9 呼吸と自律神経

交感神経と副交感神経

  

10 深呼吸

 呼気-----副交感神経優位

 吸気-----交感神経優位

 

11 内臓疲労の原因

 

 

 

12 内臓疲労で起きる病気

 

 

13 内臓が疲労すると

 内臓が疲労すると消化液の分泌が悪くなる

唾液の分泌が少なくなると胃液、膵液、胆汁、腸の分泌液が少なくなる。

消化液の分泌が少なくなると 中和熱が少なくなり、基礎代謝が落ちる。

基礎代謝は、筋肉と内臓(肝臓、胃腸、腎臓、膵臓、心臓、脳)が産生する熱量。

内臓が疲労すると基礎代謝が落ちて太りやすくなる。

 

男性は、比較的筋肉量が多く、体脂肪が少ない。

女性は、比較的体脂肪が多く、筋肉量が少ない。

 

女性は、筋肉で作られる熱量が少ないため

女性ホルモンや甲状腺ホルモンを使い、熱量を産生して基礎代謝を維持する。

               

          ホルモンが不足してくる。

      

14 内臓疲労と食習慣

 現代人は脳を使いすぎている

美味しいものを食べると、幸せな気分になる。では、美味しいものとは何か?

「運動した後のジュースは美味しい。」

「ストレスが溜まっている時の、甘いものは美味しい。」

これらは、全てその時に脳が必要としている食べ物。

ストレスがかかると脳が欲しいものを食べてしまう!

15 飲み込んではダメな(咀嚼しなければならない)もの

参考資料:毎日食べている食材にも毒がある

人類は昔からナス、トマト、ジャガイモ、ピーマンなどの植物、大麦、小麦、ナッツなどの種子類や卵そして、乳製品などの食品を食べている。

この様な食材には、炎症を引き起こすたんぱく質「レクチン」が含まれている。

レクチンを摂取し続けると、体重は増加し、身体が炎症を起こして、健康を損なう。 

「レクチン」は、たんぱく質の仲間で、細胞を凝集させ酵素の働きを阻害するが、しっかり咀嚼することで、多糖類を単糖やオリゴ糖に分解することでレクチンの毒性が消える。

パンやうどん、麺類には小麦が使われている。小麦に含まれるレクチンは消化酵素の働きを悪くさせ、エネルギー代謝やホルモンにも影響を与える。体重が増加し、免疫機能が過敏になり、自己免疫疾患を誘発する場合もある。

土鍋やオーブンを使って調理をしたり、発酵させたり熟成させるとレクチンの毒性が消えるが 電子レンジやホットプレートなどでは、レクチンの毒性は消えない。

 

16 「旨み」で内臓が元気になる (醍醐味)

 

 

17 旨いものって何? 唾液が出るもの!

  唾液の種類と役割

  唾液の分泌量と他の消化液は量が比例している

  唾液を止めないようにするには

 

 

18 ストレス 冷たいものが欲しくなるのは

 

 

 

本日の要点

 腸を労わる事 → 発酵が激しくなり、産生する熱を増える。

女性ホルモンを消費して熱量不足を補う必要がなくなる。

女性ホルモンの無駄遣いが無くなり、アンチエイジングにつながる。

アンチエイジングには腸活が大切な要素

 

終わりに:

おばさん(おじさん)になってから気が付いても、若さを取り戻すのは難しいもの。

今日からできる事から始めてみよう!