新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
合成洗剤はなぜ悪いか?

JUGEMテーマ:健康

 

「石けん」「合成洗剤」の違いに触れてみましょう。

 

タンパク質の汚れや石油系の汚れは落としにくい

よく落とす

 

水で薄まると、すぐに汚れを落とす力がなくなる

水に薄まっても、汚れを落とす力が持続する

 

冷たい水での使用は、洗浄能力が落ちる

冷たい水でも洗浄能力があまり変わらない

 

石けんカスができやすい

カスは出にくい

 

比較してみるとわかるように、ついつい利点の多い

合成洗剤を使用してしまいがちです。

 

しかし、この利点を裏返せば

希釈しても、その合成界面活性剤は残る。

肌に付着しても、なかなか取れない。

と、いうことなのです。

この事を知らないと、「接触性皮膚炎が起きやすい」のです。

 

 

石けんは「皮膚の表面についた汚れだけをおとします」が

合成洗剤は「強い洗浄力で溶かす作用」があります

これは、皮脂膜を守っているセラミドを

一緒に溶かしてしまうことも考えられます。

 

濃い濃度での使用や、洗剤の残留が問題です。

 

【石けんの特徴】 

石鹸の油は、人の皮脂と同じような成分です。

 

【合成界面活性剤の特徴】

疎水基が、より油に近い。油に油が溶ける。 汚れを強力に落とす。

 

強力な油と、強力な水溶性のもので、汚れをむりやり包み込んで落とす。

残留すると、皮膚の中の疎水性成分セラミドをも包み込んではずす。

 

乳化作用のもので保湿をすると、表面は一見保湿したようになりますが

表面だけコーティングしたようになり、保湿もどきで終わってしまいます。

 

それだけでなく問題は、乳化作用の使用で

さらに皮脂が奪われてしまい〈超敏感なお肌〉になります。

 

 

近年、接触性皮膚炎でのご相談も多いのですが

原因と思われる殆どが、シャンプー・リンス・コンディショナー

ボディーソープや洗剤などの、すすぎ不足のパターンです。

 

 

 

 

塩素など過酸化物と病気

JUGEMテーマ:身体と心のケア

 

はじめに

 

塩素、臭素、フッ素、ヨウ素はハロゲン化合物と呼ばれますが

酸化すると無害な状態から、猛毒物質に変化します。

水道水に含まれる塩素は、飲むことはさほど気にしなくても良いのですが

皮膚や粘膜に使用する場合には、注意が必要です。

酸化力が強いので、カーテンの防燃剤が原因で、肺に障害が起こる場合があります。

 

≪ハロゲン化合物≫

 

1 塩素の酸化物

 

塩素の過酸化物は、水道水に溶け込んでいる金属イオンを酸化します。

塩素の酸化物の中に臭素が不純物で入っていたらどうなるでしょうか?

 

ハロゲンは原子番号が大きくなるほど電気陰性度は低いので

塩素が臭素から電子を奪い、臭素が酸化します。


塩化物は -1 +1 +3 +5 +7 の酸化数があります。
過酸化物は強力な酸化剤であり、通常は極めて不安定です。

 

塩素以外のハロゲンは酸の強さが増すほど酸化力が高いのですが

塩素の場合は例外で、次亜塩素酸が酸化力が強いのが特徴です。


次亜塩素酸は、原子が電子を引きつける力(電気陰性度)が

フッ素、酸素の次に高いため、様々な物質の酸化に関係しています。

 

水道水の塩素処理をした時に、水の中のミネラルが酸化します。

 


 

≪塩素はどうやって作られて、何に使われていますか?≫

 

 

わが国では、すべてイオン交換膜法になっています。

食塩を溶解槽で、直流の電気を流して電気分解すると、陽極側より塩素ガスが発生し

陰極側より、苛性ソーダ水溶液と水素ガスが出てきます。

製紙工場などで紙を溶かすためには苛性ソーダを使用します。
以前は、塩素で漂白していましたが、別の方法で漂白するようになりました。

 

塩素は、塩ビ、ポリウレタン、ポリカルボネートなどの原料として使われますが

塩素は酸化力が強く扱いが、不便なため在庫が過剰な状態です。
 

水道水や温泉施設、家庭用噴霧式の消毒薬にも使われています。

(日本ソーダ工業会より引用)

2 臭素の酸化物

水道水の塩素によって、発がん性のあるトリハロメタン (THM )や

臭素酸(HBrO3)の生成が問題となり、それぞれ基準値が定められています。

 

プラスチックの難燃剤は、臭素化合物が大きな割合を占めています。
難燃剤はABS エポキシ、ポリカーボネイトなどの樹脂や接着剤に使用されています。

 

臭素難燃剤は、PCBやダイオキシンに近い構造のものもあるので要注意です。

 

 

 

電磁波暴露、静電気などによる神経伝達の障害

JUGEMテーマ:身体と心のケア

 

はじめに

 

電磁波が、人の健康に影響するか否かについては

過去20年以上にわたる研究でも明らかになっていませんが

現実に調子が悪くなる人がたくさんいます。

 

電磁波の種類によっては、鼓膜には聞こえなくても脳幹に聞こえる音であったり

神経に過電流が流れて、神経疲労が起きる場合があります。

その結果、脳神経が疲れて健康に影響があると考えています。

 

 

≪脳・神経細胞と電磁波について≫

 

神経疲労 /牲佚礎J質の枯渇

 

携帯電話や電子レンジで、神経には「配向分極」と呼ばれる電気の偏りが起こります。

人の神経は、直流の電流が流れていますので

交流電流の周波数が60HZであれば、1秒間に60回赤血球も向きを反転させます。
 

携帯電話と電子レンジは、パワーが違うだけで同じ高周波です。

治療器具のような低周波では、赤血球の反転は電界の反転にスムーズに追従します。
しかし、高周波になるにつれて分子は激しく振動し、スムーズに追従できなくなります。

 

携帯電話は電子レンジに比べると、出力W数は低いのですが

赤血球が反転したときには、電気を帯びてしまいます。
 

蓄積された電気がスパークすると、神経に電流が流れます。
それが頻繁に起こると、神経と神経を繋ぐ神経伝達物質が枯渇してきます。

 

このしくみが、携帯電話使用時の神経疲労です。

 

神経疲労の起こる周波数は、短波からセンチ波(3MHz〜30GHz)の電波の帯域です。

それより低い周波数のときには発熱するほどの振動は起こらず

逆にそれ以上の周波数になると、配向分極は見られなくなります。

 

神経疲労◆仝殍譴粘兇犬覆げ擦鯒召魯ャッチしている

 

低周波と呼ばれるものは、鼓膜では感じとれませんが、脳では感じています。
目に見えず、聞こえてもいない音ですが、気配を感じている脳は休まる事がなく疲れてきます。
これが、低周波による脳疲労です。

 

一方、携帯電話などの高周波も、鼓膜では感じませんが脳では察知している音です。

 

 

スマホの光の波長は12.2cm

周波数  光の波長 光の速さ
スマホ 2.45 ㎓ 12.2cm 時速 30万
Wi-Fi 5 ㎓ 6cm 時速 30万

12.2cmの波長を音に換算すると2780㎐の音に相当

周波数 音の波長 音の速さ
スマホ 2780 ㎐ 12.2cm 秒速 340m
Wi-Fi 5670 ㎐ 6cm 秒速 340m

 

 

鼓膜では、音の波長を脳に伝えます。

 

脳は光や音の区別ができずに、波長として両者を認識しています。
そのため、携帯電話やWi-Fiの光の波長を、2780㎐、5670㎐の音と勘違いして

処理しようとしますが、実際に音が聞こえている訳ではないので

鼓膜からは情報が送られてきません。

 

しかし、脳は家電の警告アラームのような音をずっと感じているので休まりません。
常に交感神経優位のため、寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない、な

睡眠の質が悪い原因になります。

 

神経の伝達物質が不足するのは、低周波も高周波も同じことです。
どちらも、脳疲労を起こします。
それにより、様々な病気を引き起こします。

 

 

 

 

 

 

 

鉱物油と病気

JUGEMテーマ:身体と心のケア

 

はじめに

 

油の性質をもったもの同士は混ざり合います。

鉱物油は体内には吸収されませんが、皮脂膜のセラミドやリンパには混ざり合い

蓋をするような感じになります。

 

代謝する事ができないため、身体は皮膚に炎症を起こし鉱物油を排泄しようとします。
洗剤が原因の主婦湿疹などがその例です。

 

≪鉱物油とは≫

 

石油から、プラスチックやその他工業製品を作った後に出る廃油のことです。
廃油を精製し、不純物を取り除き、無味無臭にした純度の高い油です

 

鉱物油は皮脂とは全く違う化学構成をしています。

肌への浸透はありませんが、界面活性剤などが入っていると

傷んでしまったリンパから吸収してしまいます。

 

鉱物油が気化して肺から吸収してしまう場合が

コンビニなどで使用する速乾性のワックス、衣服などの仕上げ剤に使用する化学薬品です。

 

生体防御反応としては、尋常性乾癬などが起こります。

 

 

≪尋常性乾癬とは≫

 

皮膚に銀白色鱗屑(りんせつ)を伴う乾燥した赤い発疹ができる「炎症性慢性皮膚疾患」の一種。

 

鉱物油は油性が強いので、ビタミンAやビタミンDなどの油性物質を塗布し

油を油で剥離させる手段で治します。
 

また、紫外線を照射して気化させる方法で治療します。

 

自分で鉱物油由来商品を摂取しない、吸い込まないのが大切です。

 

 

 

重金属など酸化したミネラルと病気

JUGEMテーマ:身体と心のケア

 

はじめに

 

水銀やカドミウム、鉛といった重金属がその代表的なもので

細胞のタンパク質などとくっついて、排泄されにくい状態になります。

 

意外と思うかもしれませんが、アルミニウムに気を付けなければいけません。

アルミなどの金属の汚染物質によって、身体が電子不足になっている場合は

牛黄清心丸などの製剤が効きます。
牛黄清心丸に含まれる、イオン化傾向が低い金属イオンで電子を補うからです。

 

しかし、いつまでも摂取していると、金属を金属で解毒する方法は効かなくなります。

金属同士の解毒は、メタロチオネインが行っています。
 

牛黄清心丸などの製剤耐性が起きないように、牡蠣肉エキスを併用します。

 

アルミ缶に入ったものを飲まない事、きちんと排便する事が大切です。

 

 

≪重金属とは≫

 

鉄、鉛、金、白金、銀、銅、クロム、カドミウム、水銀、亜鉛、ヒ素、マンガン、コバルト

ニッケル、モリブデン、タングステン、錫、ビスマス、ウラン、プルトニウムなどがあります。
(金、銀、白金はイオン化傾向が小さく、イオンとして溶けだしにくいので別扱い です。)

(重金属は、体内に取り込まれやすく、いったん体内にはいると排出しにくく蓄積します。)

 

 

=重金属の例:クロム=
酸化数によっては必要です。
3価なら 血糖値下げるのに使いますが、6価になると猛毒です。

 

 

 

 

 

取り込まれた重金属は、筋膜の膠原組織に貯蔵されて、無害化していますが

電磁波や酸化物質の吸引などで、重金属が電子を失うと、痛みなどを起こします。

 

 

 

 

 

筋膜で処理する能力を超えてしまうことで、様々な病気が起き始めます。

関節に病態が起きるのが「関節リュウマチ」です。

 

 

≪慢性疲労や多発性硬化症の原因になる重金属≫

 

アルミは、酸にもアルカリにも溶けます。

アルミがイオンのまま存在すると有害であるため

身体は生体の電気エネルギーを消費して、無害な状態に戻そうとします。

 

原子量が小さく、3価の陽イオンになるアルミを金属に戻すには大量の電子が必要となります。

 

TCAサイクルで製造した電子を大量に消費し

神経伝達に必要な電子までアルミが消費してしまい、疲れやすさなどの症状が出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反栄養素レクチンと内臓疲労

JUGEMテーマ:身体と心のケア

 

はじめに

 

植物の種子には、実は生体に悪影響を与えるさまざまな物(反栄養素)が含まれています。

植物の反栄養素(レクチン)は、昆虫などから自らの身を守るための

防備の手段として進化の過程で備わったものです。

 

動物が植物を食べる際、このレクチンが動物の健康に害を及ぼすことがあるのです。

 

 

≪レクチンとは≫

 

動物も植物も、外敵から身を守るために個体内で作るのがレクチンです。

 

レクチンが外敵の糖鎖を認識し、敵か味方かの判断をします。
このシステムが壊れると免疫関係の病気が起こります。

 

≪正常なレクチンと糖鎖の応答≫

 

人間も、自分の身体を守るためにレクチンを作ります。

自分用のレクチンは、唾液や消化液の中に含まれています。

 

ウイルスやバクテリアが侵入してくると、その細胞質の表面にある糖鎖を認識して

レクチンが細胞質に傷をつけて、さらに免疫細胞が攻撃します。(免疫応答システム)

 

 

≪食べたものに入っているレクチンへの応答≫

 

消化液には、食べたものに含まれるレクチンを無毒化するものも含まれています。

 

しっかり咀嚼して食べないと、レクチンに対しての「糖鎖抗原」が増えます。

ガンの腫瘍マーカーというのも、何かのレクチンに対して誘導された糖鎖抗原の一種です。

 

 

≪摂取した植物毒によるレクチンの害≫

 

レクチンが様々な臓器に影響を与え、病気が起こります。

 

レクチンで腸の粘膜が破壊されて 、未消化の栄養素が体内に侵入してきた場合は

分泌型IgAが増えてきます。これが膠原病などの原因です。

 

 

 

(https://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/b23e933de35d7621dabf34a9fad7c093 より引用)

 

植物の科によっては、強力なレクチンを作りますので

消化液を分泌するだけでは、レクチンは無毒化できません。

 

水に浸すことや土鍋で調理することも、レクチンを無毒化する上で効果的な方法です。

 

 

 

(https://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2012/20120206-2.html より引用)

 

≪レクチンが多い食材≫

 

植物が種族を残し、繁栄するためには「受粉」が必要です。
 

受粉して種子を作ります。

受粉には 「自家受粉」、「他家受粉」があります。

 

 

他家受粉には、下記のような種類があります。

 

【風媒花】
 

イネ科(イネ、トウモロコシ、ムギ)、ナス科 (トマト、ナス、ピーマン、ジャガイモ) など

 

【虫媒花】


ウリ科、キク科、サトイモ科、ショウガ科、ネギ科、セリ科、ミカン科、マメ科 など

 

【鳥媒花】


ツバキ科 (茶) 、 バラ科  (モモ、ビワ、ウメ) など

 

 

 

 

上記の中で、動物に対して、「忌避物質」を作り出すものは風媒花です。
 

一方で 、忌避物質をあまり作らないものは、虫媒花です。

 

ヒエ、キビ、アワなどイネ科は、レクチンがあるため、鳥がそれを主食とすると

レクチンの毒のために、病気の原因となります。


人、は米をとぎ、炊くという手法を考案し

レクチンから身を守る手段を見つけ、主食にしたと考えられます。

 

マメ科の中にも、レクチンを大量に作るものもありますので注意が必要です。

 

 

 

 

 

アスファルトと体調不良

JUGEMテーマ:身体と心のケア

 

はじめに

 

道路で作業している人は、やけに顔が黒いですが、あれは単なる日焼けではありません。

また、花粉症が重症になって、薬も効きにくくなっている事がよくあります。

どちらも、根本は汚染の影響です。

 

 

≪アスファルト≫

 

重油成分には、多環化合物で、極めて分解しにくい構造をとったものが含まれます。
それが、アスファルトと呼ばれるものです。

 

 

アスファルテンの構造

 

 

アスファルトは、ミイラを作る時に用いられたものですが

いつまでも経っても変化をしない物なので、吸い込んでしまうと解毒ができません。

 

アスファルトの性質は、20℃程ではほとんど気化しません。

しかし、拡散あるいは加熱すると、浮遊粒子が急速に有害濃度に達することがあります。

 

「融点:54〜173℃」

 

真夏の道路上ではどうでしょうか?

溶けてしまって車が通ると、浮遊物質になるのは間違いないことですね。

 

 

≪工場からの煤煙・車の排気ガス・ごみ焼却場≫

 

法令では、煤煙や排気ガスの排出を規制しています。

「硫黄酸化物」「ばいじん」「有害物質」などですが、規制対象外の物が安全とは限りません。

 

自動車の排気ガスの規制はありますが、航空機には排ガス規制がありません。
航空機の1回の離着陸には、数十リットルのケロシン(灯油に近い成分)が使われます。
それが年間で、数万回もの汚染物質が飛び交います。

 

また、戦闘機の場合だと、複素環化合物を燃料としている物もあるので

発生する物質は、猛毒性の物になります。

 

基地や空港の発着地の真下は、騒音の問題がありますが

それよりも怖いのは、落下してくる汚染物質です。

 

 

≪フライアッシュ≫

 

震災後、原発から火力発電になった時に

廃棄物として、大量のフライアッシュが、野ざらしにして保管されていました。

 

空気が乾燥して風が吹くと舞い上がり、落下してきます。
これがPM2.5の正体です。

 

フライアッシュ中の灰分は、根源植物中の無機質と石炭生成時に混入した

粘土や岩石からなっているため、産炭地によって異なりますが

セレン、フッ素、ホウ素、ヒ素等の重金属類が、微量含まれています。

 

激しいかゆみと炎症は、フライアッシュが原因の場合が多いので、春先は中止してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

デューテリウム、トリチウム、セシウムなど原発の汚染

JUGEMテーマ:身体と心のケア

 

 

はじめに

 

原子力発電で発生する物質の中で、水素の同位体がある事をご存知ですか?

 

水素の三種の同位体には、質量数2のデューテリウム( 2H または D )と

質量数3のトリチウム( 3H または T )があります。

 

デューテリウムもトリチウムも

原子核の周りをたった1個きりの電子が回っているという点では

通常の水素と構造は何ら変わりありません。
 

しかし、それで化学的な性質が全く同じかというと、そうではないのです。

体内の水に変化があれば、健康状態には大きな変化が起きます。

 

 

 

トリチウムの特性とは一般的に以下のとおりです。

 

 

*化学上の形態は、主に水として存在し、私たちの飲む水道水にも含まれている
*ろ過や脱塩、蒸留を行なっても、普通の水素と分離することが難しい
*半減期は12〜13年、食品用ラップでも防げる極めて弱いエネルギーのベータ線しか出さない
*水として存在するので、人体にも魚介類にも殆ど留まらず排出される
セシウム-134、137に比べ、単位Bqあたりの被ばく線量(mSv)は約1,000分の1

 

 

案外気にしないのが、デューテリウムの事です。

放射線は放出しませんが、紫外線を放出する性質があります。
 

原発からの温水、で魚が巨大になるのは

デューテリウムやトリチウムが混ざった水を飲んでいると、身体が速く酸化するためです。

 

化粧水を作ってみると、違いがよくわかります。
デューテリウムやトリチウムが多い水は、肌に浸透しにくいのです。

 

 

 

 

 

水道水 入浴 ウォシュレットで体調不良

JUGEMテーマ:身体と心のケア

 

はじめに

 

飲み水を浄水して飲んでいる方はたくさんいますが

実は、お風呂やトイレの水を浄水する方が、大切なんです。
 

デリケートなゾーンは、塩素の影響を受けやすいからです。

 

 

 

給水栓における、水の遊離残留塩素の下限値は0.1ppm以上です。
上限値はありません。

 

目標値は1ppm以下となっていますが、水道管の総延長が長い場合は

一番遠くの蛇口からも 、0.1ppmの濃度を維持する必要があります。

 

塩素はわずか0.1ppmといっても、殺菌力、酸化力が強く

金属を腐食するだけの力は十分あります。

また、諸外国の5〜15倍の濃度で含まれています。

 

当然ですが、金魚を水道水に入れると死にます。

 

人の酵素の活性中心の金属部分も、酸化しやすいです。

飲水は案外大丈夫でも、生殖器や肛門の粘膜は、充血して炎症が起きます。

 

ちなみに、条例で定められている遊泳用プールの塩素濃度の基準は、0.4mg/L〜1.0mg/Lです。

 

 

各部分での塩素の吸収率

 

 

 

水道水に対して、しばしば塩素オゾンを用いた消毒が行われます。

 

2016年現在の日本では、必ず水道水に塩素が含まれていなければならないと

水道法施行規則第16条によって定められています。
 

したがって、日本の水道水は、必ず塩素による消毒が行われています。

このため、基本的に日本の水道水には、塩素消毒副生成物も含まれています。

 

塩素と同じく、ハロゲン化合物である臭素は、酸化物になると猛毒です。

金属類も酸化数が高いものは、病気の原因になります。

 

 

 

 

嗜好品 雑貨と汚染

JUGEMテーマ:身体と心のケア

 

はじめに

 

塩味やうま味は食べ過ぎたら飽きますが、甘みという味覚はいくらでも食べられるという性質があります。

砂糖の何倍も甘いのに体内に吸収されず、まったくカロリーにならないという物質「人工甘味料」を上手に使い、糖の取りすぎにならないようにするのは、本当に大切なことでしょうか?

 

 

≪甘味料≫

 

人の腸内には、重さにして1kgもの、腸内細菌が住んでいます。

当然、生活するには菌の餌が必要です。

 

糖質は、腸内細菌の発酵に使われる餌でもあります。

 

 

 

 

 

人口甘味料は菌のバランスを崩し、今までとは異なる代謝物を作り出します。

甘味度は砂糖の約100倍で あり、1グラム当たりのカロリーは、0キロカロリーです。

質と同じように、細胞に浸透する性質がありますが、代謝されません。

 

すなわち、糖質が汚染物質として溜まるのです。

 

ウイルスやバクテリアは、溜まった糖質を代謝できる可能性があります。

人には分解できませんが、微生物類は餌にできるわけです。

 

当然、浮腫みます。太ります。そしてなかなか元に戻りません。

その中から、代表的なものについて説明します。

 

 

≪合成甘味料と天然甘味料≫

 

1:合成甘味料は、食品に存在しない甘味成分を人工的に合成したものです。
アスパルテームやアセスルファムなどがあります。

カロリーゼロでも、インスリン刺激があるため、体内に脂肪を蓄えて太ります。
 

また、インスリン刺激によって空腹感が出て、過食の原因になります。

インスリンが不足すれば、糖尿病になります。

消化酵素で分解できないので、下痢にもなります。

 

2:天然甘味料には、ステビアがあります。

ラットにステビアエキスを投与したところ

妊娠率の低下がしたという論文がサイエンスに掲載されましたが

2004年にWHOから、再現性が無いという事で安全宣言が出されています。

 

 

≪電子タバコ≫

 

非燃焼・加熱式タバコの主流煙中には、燃焼式タバコとほぼ同レベルのニコチンや

揮発性化合物(アクロレイン、ホルムアルデヒド)、アセナフテン(多芳香環炭化水素物)等の

有害物質が含まれていることが報告されています。

 

タバコよりも依存性があり、1回使い始めると止められないように作ってあります。

 

 

≪虫よけ≫

 

体に使用する虫よけの多くは

「ディート(ジエチルトルアミド)」という有効成分が含まれています。

 

ディートはもともと、米軍がマラリア予防のために開発しました。

現状では、ディートの濃度が12%以上のものは「医薬品」

10%以下は「医薬部外品」と、薬機法上の分類が異なります。

 

中枢神経の障害を起こしやすいので、子どもにディートを使用する際は回数に制限があります。
代謝機能が落ちた高齢者への使用も、控えるべきです。

 

「〇〇〇殺虫プレート」は

樹脂板に練りこまれたジクロルボス(DDVP)が徐々に空気中に蒸散することにより

吊るしておくだけでハエゴキブリを常時駆除するものです。

 

東京都の指導による使用法の改定で

「人や動物が長時間居留する場所」「飲食する場所」

「飲食物が露出して置いてある場所」での使用は不可とされています。

 

さらに同年、厚生労働省医薬食品局からも、蒸散剤の使用場所は

人が長時間留まらない場所に限定するよう、通達が出されています。

 

危険なものと認識して使用しなければならないものです。

 

 

≪精油≫

 

精油またはエッセンシャルオイルは

植物が産出する揮発性ので、それぞれ特有の芳香を持ち

水蒸気蒸留法、熱水蒸留法(直接蒸留法)などによって植物から留出したものです。

これを人体に塗るのには、塗る方法さえ守れば問題ありません。

 

精油を効率よく抽出するためには、石油エーテルやエタノールといった

有機溶剤に花などを漬けて、香り成分を抽出する方法もあります。


有機溶剤には、香りだけではなく、花に含まれるワックス成分や

不必要なものまで溶け出します。

雑貨として香りを楽しむのは良しとして、肌に塗るとリンパに吸収されてしまいます。

 

質が良いもの以外を肌に塗ると、危険な場合があります。