体質別の汗のニオイ

体質別の汗のニオイ

毎晩晩酌してご飯を食べずにおかずだけ食べている。

そして運動不足 尿酸値が高い コレステロールが高い 血糖値が気になるなど…

そして、体臭がし始めていると言うのが身体の危険信号なのです

小腸に送られてきた栄養素が肝臓から吸収するときには身体に必要なものと不必要なものが入り混じっています
不必要な物質は肝臓で解毒されて便や尿 呼気や汗から排泄されます
肝機能が悪くなってくると老廃物であるニオイ物質が呼気から口臭 汗から体臭になって出てきます
この段階のニオイを 私は「陽性臭」と呼んでいます
陽性臭は肝心体質 肝や脾の体質の方に起こります

身体が陰性になってくると尿や便として体外に排泄するべき臭い物質が再び血液中に取り込まれてしまいます
すると悪臭を起こす物質は身体に戻ってしまい五臓に損傷起こしてしまいます
肺に戻れば口臭になりますし 首筋からいやなにおいがします
肝肺の経路が悪ければ「どぶ臭いニオイ」
脾肺の経路が悪ければ「目がしょぼしょぼするようなニオイ」
腎肺の経路が悪ければ「生臭いニオイ」
このように各臓器が弱ってくるとしたニオイが病的なニオイになってきます
このニオイを 私は「陰性臭」と呼んでいます

ニオイが発生するメカニズムがあるのですが
いずれにしても 基本は「脾」に原因があります
腸内環境を改善するもの 良質のタンパク質 ミネラル電位の低い水など…これを摂取した上で漢方薬を飲まないと効果がありません
ニオイが消えるためには80パーセントは食事運動であり
漢方薬はその補助と考えています 

薬では治らない「ニオイ」

外から人が入ってきた時に この部屋クサイ?そのようなそぶりをしている人がいますね

それとか狭い空間に数人のヒトがいると 何処からともなく妙なニオイがする!
このような経験はありませんか?「病気のニオイ」というものがあります
「脾」=胃腸系に負担がかかると口臭や体臭がします。

そのニオイとは 

甘酸っぱいニオイリンゴが古くなったようなニオイだと思います。
食べたものが十分に消化吸収分解変換しきれずに消化管に残っている場合におきるニオイです

腸内でエステル化合物ができていると推測されます

これは内臓疲労から起こります

こんな時は、漢方薬を飲んでも全く効果はありません

当然普通の薬では効きません

 

薬では解決しないニオイは他にもあります
食べたもののにおいが口臭や体臭に出てくる場合です
気が滞っていることから起こる事が多く見られます (ストレス臭と呼びます)

「氣」とはのびのびと滞りなく、体じゅうをめぐっているのが正常な状態です
ところが、ストレスや心配事などが続くと、気のめぐりをコントロールする機能が乱れ、

さまざまな症状があらわれるようになります。
この状態を「気滞(きたい)」と言います。

 

気が滞った状態を放っておくと、ストレスに弱くなり、ますます気が滞りやすくなり、
気といっしょに体内をめぐっている血のまで循環が悪くなることがあります。
また、暑いときは 氣は消耗するだけでなく血の不足の症状が顕著になってあらわれてくることもあります。


氣滞の症状的には
・食欲にムラがあり、食欲がすごくあるかと思うと、ぜんぜん食べたくなく なったりします。
・胸や胃部がつかえたり、痛んだり、ゲップや吐き気、しゃっくりがおこりやすい。
・腹が張ってつかえたり、痛んだり、ゴロゴロ鳴ったり、おならがしょっちゅう出たりします。
 ガスがでると楽になるのですが、またすぐに腹が張ってきます。
・便秘がちだったり(気滞便秘)、急に下痢、軟便になったりすることもあります。

 


単純ですが、食材でも良くなることがあります

気滞の状態は西洋医学的に考えると「横隔膜の動きが悪い状態を指します」
少し香りがある生薬やアロマオイル、呼吸法で改善する場合があります

タンパク質を分解する酵素をたくさん含んだリンゴの発酵エキス「セルピュアα」がお勧めです

10mlぐらい飲んでいたらいいですね
基礎代謝も上がってくるし、内臓が弱っている時にはすごくいいですよ