タイミング法
なかなか妊娠しないという場合、 いろいろあります。
1、血流が悪い場合です。
例えば冷え性の女性が多いと思うんです.
電気毛布を使用したり、靴下を履いたまま寝てる方も沢山いらっしゃると思います。そういう方はまず、電気毛布や靴下の使用を止めてご主人に寄り添って寝てもらってください。(どうしても、足が冷えて眠れない方は入浴や足浴などで体を温めてから冷えない内にお布団に入りましょう。)
寄り添って寝ているだけで血流が良くなります。ねらいを定めてだけの夫婦生活では、血流は良くなりません。人の体から出ている遠赤外線は体の深い所まで伝わる熱です。電気毛布や靴下は表面だけ温かくなるだけで、深部まで温まらないのです。遭難時、人や動物が寄り添って寝てるだけで凍死せず助かったと聞く事があると思いますが、それと同じなんです。
2、自然妊娠が可能なんだけれども、 なんらかの理由があって たまたまそれまで妊娠しなかっただけというケース。
3、 妊娠を妨げる明確な原因があって、自然妊娠は不可能なケース。
 2であれば、 女性の年齢にもよりますがまずは、半年から1年間は2人で生活面を見直しながら、タイミング妊娠法を実践してみましょう。

「タイミング法」という言葉は、既に皆さんご存知のことと思います。
もしも、不妊治療を受けるようになった場合でも、最初の治療は・・と言いますと、一般的には“タイミング指導”になります。
 
腟内に射出されたばかりの精子は受精する能力は持っていません。
それは腟内に生息する常在菌によって酸性側に傾いているから精子が腟内に生きていられません。
特に、腟の入り口付近は酸性度が低くpHが3-4近くで、
外敵からの侵入を防ぐための腟自浄作用を働かせています。
子宮の入り口付近になるとpHが中性付近になっています。
では、どのようにしたら入り口の低いPHを上げていく事ができるのか?というと女性側が満たされた気持ちになる事です。
感じる事で愛液と呼ばれるものが分泌されPHを上げるのです
満たされるいい気持ちが必要です。
恍惚感というのは副交感神経が優位に働く時に起こる感覚です
その時に子宮や粘膜もリラックスし柔らかく受精しやすい状態ができます。
勿論、ねらいを定めたその時だけの行為だと行為優先で終わり気持ちが伴いません。昔から欲しい欲しいと思ってた時は出来ず、忘れた頃に出来たと言います。そういう事なのです。普段からお互いに愛するという気持ちを持ち、行為の時は幸せ感いっぱいに満たされましょう。
 
 
子作りは子孫を残すというだけでなく、お互いに愛する人の子供を作るという事。普段からスキンシップを取って愛情をいっぱい貯めましょう。

漢方的からだ年齢
妊娠力は、本来年齢とともに緩やかに低下していくものですが、
人はそれぞれの生活習慣があり老化のスピードも人それぞれです
カラダによいことをしたり カラダに良いものを飲むことも大切なのですが
老化のスピードを遅くするには カラダに悪いものを摂取しない。体内に蓄積したものはきちんと排泄することが大切です。体が毒素を排泄するのは、大便、尿、汗のほか、呼気、爪、毛髪、皮膚などがあります。足の裏から毒素を出すのも大切な事です。裸足になり砂とか小石の上とか、青竹を踏んだり、爪揉みをしたり下半身をきちんとケアしてください。それをするだけでも、子宮に老廃物を溜まるのを防いでくれます。
「からだ年齢」が実年齢より若くなるのは「妊娠力を高める」ことになります

昔のひとは、6,7人の兄弟が当たり前だったと思うんですけど、
戦後は食事が今と比べて豊かではなかったので、
食べ過ぎたりしなかったしカラダを動かしていました
漢方というものは、カロリーがあまりなく栄養素が多いもの。
コンビニとかの食事は、栄養素がなくてカロリーが高いもの。
栄養素がないとむくんだり、太ったり、体臭がしたりします。
身体に余分なもとが溜ります

毛染め、シャンプー、化粧品などの化学香料は皮膚から吸収され、
子宮などに溜まりやすいものです。
汗をかいたり、尿や便などで排泄すれば誰でも本来のからだに戻っていきます。
それを手助けしてくれるのが漢方薬です。

漢方のイナイでは、中からのケアだけではなくて、外からのケアもアドバイスしておりますので、クレイセラピーとか、ヘアケア商品やスキンケア商品、日用品を取り揃えております。
そういう物にこだわりを持っている方は、連絡下さい。
「経血について」
  「経血量」
経血量は初日と4日目以降は量が少なく、2〜3日目は多いのが普通ですが、
その月の生活で起こったことで、毎月変化するものです。
例えは、猛暑で体力を消耗したり、食事が充分に摂れなかったり、
極度のストレスがかかったときは生理がなかったり、
経血量が極端に少なく一日で終わったりする事もあるのです。
経血は受精卵のベッドとなる子宮内膜がはがれ落ちたものです。
はがれ落ちた粘膜の中には、当然妊娠に必要なものが入れ替わるための経血と、
前の生理で流しきれなかった経血と、体全体の老廃物などが含まれます。
経血量の多さと内膜の厚さには関連があるんですけど、
それだけではないのであまり毎回気にしなくても大丈夫です。
経血量が少なすぎるときは栄養状態が悪いか、例えば運動のしすぎなど、
体力の消耗も考えられます。子宮内膜が薄く、着床しにくい傾向がありますが、
ホルモンの影響とは限りません。長い周期で考えてみて下さい。
半年以上続いた時に考えたくらいでいいと思います。

無排卵月経の時は、内膜が厚くならないため、少ない経血がダラダラ続きます。
経血量が1日目、もしくは最後の日だけ極端に多いようなときは、
「血」にめぐりが悪い「お血」が考えられます
内膜が硬くなり、着床しにくいことも考えられます。
また急に経血量が増えたときは、子宮筋腫などが考えられるので婦人科相談しましょう。

「経血の色」
経血は普通の血液よりも、やや濃い色が一般的です。
色だけで生理や子宮のトラブルは判断できませんが、
いつもより黒っぽくなったようなときは、冷えがなどが原因で起こる、
「血」のめぐりが悪い状態「お血」になっている可能性があります。
反対に、経血の色が普通の血液よりも赤く鮮やかなときは、
イライラやストレスなどによって、「うっ血」が起きていると考えられます
この場合は、経血量が多く、周期も早まることが多いようです。

「経血の状態」
正常な経血は、かすかに粘りけがあり、塊りがないのが正常です。
「血」「気」のめぐりが悪いと塊りができやすく
経血の粘度が高いは「水」が足りない状態が考えられます
いずれの場合も身体のバランスが乱れているサインといえるでしょう。

私の経験 子宝に恵まれる身体を作るまで
 私は以前、睡眠導入剤や安定剤を服用していて、人と関わったり人と話する事もなく、
家で引きこもった生活をしていました。
こんな生活を続けてはいけないと思い、将来の事も考え子供も欲しいので病院に行きました。
産婦人科では、子供を持つ事は厳しいと言われ、かなり落ち込みました。
そんな時、知人から漢方薬での治療を勧められました。
実際に漢方薬局の先生に話を聞いて、病院の薬との違いがよくわかり
自分がどうすれば良いのか自分で考えることができました
今までは自分の体がどんな状態かあまりよくわかっていませんでした。
私が病院でもらっている薬は、血液の流れが悪くなり、
身体を冷やしてしまうと初めて知りました。
まずは薬をなくしていく事から始めて、
本来の身体の状態に戻すためにお米の発酵された物を飲みました。
体から力が湧き出てくる気がしました
またリンパの流れをよくして、デトックスをすることが大事だと思い
身体の芯から温める目的で「スマーティ」に入りました。
あとは、先生から「ちゃんとした食事を摂る事が大事ですよ」を言われ、
規則正しい食事を摂る事がどれだけ大切な事かよくわかりました。
ちゃんとした食事を摂った上でないとどんな高価なサプリメントや漢方薬を
を飲んだとしても意味がないと説明されました。
それからちゃんと毎日できるだけ身体にいい物を食べるようにしました。
週に1度スマーティに入ることで、冷えもだいぶ改善され、
少しずつ薬も飲まなくても眠れるようになりました。
あとは少しずつ体を動かすようにしました。
こうした事を続けることで、何より代謝がよくなりました。
自分でもびっくりするくらい効果を実感する事ができました。
それから、スマーティを週に1度入り続け、
その時の身体の状態で必要なものをサプリメントで補充していきました。
それから半年後、体重も増え、人から顔色がよくなったと言われるようになり、
薬も飲まなくてもよくなりました。
今では、天気がいい時には自転車で出かけるまで元気になりました。



妊娠力をアップする養生法
 生理や基礎体温の状態はあなた自身の生活習慣が体質化したものです
それをチェックして、体のバランスの乱れに気づく事が大切です
体質がわかったら、生活リズムを整えることから始めてみましょう。
「生理期」「卵胞期」「高温期」の時期に合わせた養生をすることを紹介します

大きな流れは
生理期には、不要になった子宮内膜をすっきり排出し、再生と修復を促します。
卵胞期には、質のいい卵になるように体に充分な栄養を与え、
高温期には、体を温めて受精卵が着床しやすくします。女性が本来持っているからだのリズムを回復させることで、ホルモンバランスを整え、妊娠力を高めることがねらいです。
食べ物や服装など運動、ストレスも関係しています

生理〜排卵まで
子宮の粘膜に溜まった老廃物を生理現象を通じてきちんと排泄し、
子宮内膜の浄化と修復と再生を促す
下半身を冷えないようにしましょう。
その理由は骨盤下部には大切な臓器がたくさんあるからです。
おなかまわりは、太ももまわりを比較した場合には、
体積あたりの表面積が小さく熱の放射も少ないです。
お腹を冷えないようにするのは当たり前ですが、
脚を冷えないようにする事をおろそかにしていないでしょうか。
パンストで締めると暖かいかもしれないですけど、リンパの血流は落ちます。
下半身を動かして熱量を増加させないとリンパの血流はよくなりません。
子宮や卵巣など女性にとって大切な臓器がある場所。
ここが冷えてしまうと、妊娠力には大きなダメージが及ぶのです
冷えが慢性的になるとカラダは 恒常性を維持するために、
ホルモンを使い体温を上昇させるのです
暖かい服装で、しかも締め付けないようして冷えをガードしましょう。
重ね着の場合は静電気がおきにくい組み合わせにすることも大切です

冷えが悪いことは理解できたでしょうか?
生理で血液を失うこの時期は、栄養状態や体力が低下しやすいとき。
消耗する「気」や「血」を補うために、
海のミルクと呼ばれる「オイスター」でしっかり栄養補給をしましょう
冷たい飲み物や食べ物をとると、ホルモンバランスの影響で体温が低い生理中は、
冷たいもの、体を冷やす生ものは厳禁。
暖かいお茶や食べ物をとるよう心がけましょう。
質のいい卵子を「育てる」力を高めるためには良質のたんぱく質が必要です
卵胞が育つのは夜が中心で、排卵も夜に起こることが多いといわれています。
夜更かしすると卵を育てる「血」が消耗されるため、
赤ちゃんが欲しい人は充分な睡眠をとりたいもの。
22時〜2時の間はしっかりと眠る事が大切です

受精卵が着床しやすい体になるには
排卵までは高蛋白低脂肪分の食事が大切でしたが
高温期には黄体ホルモンの働きにより、血液が若干濃くなります。内膜に質のいい脂を供給するために起きるのですが、その脂を分解するためには
しょうがやにんにくで体の内側から温める食材が必要となります。
そうすることで、受精卵にとって居心地のいい状態になります。

この時期に精神状態が不安定な方は、血液をしっかり充実させましょう。皮膚のトラブルが起こりやすい方は、血液をきれいにしましょう。冷えはやはり対敵です。

生理と妊娠 生理痛 PMS
 生理痛が強いと妊娠しづらいの?

生理の時に痛いと感じるということは
「血」のめぐりが悪くなっているということです
冷えや血液がドロドロになっている事や 酸素欠乏など原因があるはずです
その原因を改善しないと治りません

冷えて「血」のめぐりがスムーズにいかない方が多く見られます
日常生活に支障が出るほど痛みが強いときや、
ここ最近、急に痛みが強くなったときは、
子宮内膜症や子宮筋腫も考えられますので、早めに婦人科を受診しましょう。
血流の低下は 経血がスムーズに排出されずに子宮内に停滞し、
卵巣機能が低下することがあります。
卵子の成熟が悪かったり、排卵や受精卵の着床が妨げられるため
妊娠しやすさに影響してきます。
漢方では、「血」のめぐりをよくしておくことが、妊娠には欠かせないと考えているのです
下半身の血流をアップさせる事が大切なのです
これは妊娠したあとに流産しにくいことにも関係しています

生理前になると、頭痛やむくみ、イライラがひどいのですが…

「気」「血」の乱れが関係しています
生理前にこのような症状があるときはPMS(月経前症候群)が考えられます。
黄体ホルモンが分泌されている期間である高温期には
臓器から臓器の栄養成分お移動が活発になります
ニキビができたり、お肌にトラブルが起きたりするのは当然のことです
血液をきれいに保つことには漢方薬やサプリメントは必要と考えています
電磁波やストレスによって「気」「血」のめぐりが滞ったりすると、
PMSの症状があらわれると考えられています。
PMSの有無や症状の強さが、直接妊娠しやすさにつながるわけではありませんが、
長く繰り返されると、生理周期が乱れる事があります


生理トラブルをなくすために自分でできるセルフケアは?

生理トラブルの原因となる「お血」は、おもに冷えによる血行不良によって起こります。
冷たい飲食物の摂取や、下半身を冷やす服装をしない、パンストで締めすぎない
電磁波を発するものには気をつけましょう
案外気がついてないのがウォシュレットの温水便座の電磁波です
夜更かしは、生殖機能の要である「腎」の働きを弱めてしまい、
ホルモンバランスを乱すもと。なるべく早くベッドに入り、体を充分に休めましょう。
食事は肉類などの動物性脂肪をとりすぎないように注意しないとだめですが
動物性のタンパク質をきちんと摂取してください
チキンエッセンスがお勧めです
脂肪分ゼロ コレステロールゼロのチキンのエキスです

生理で悩む人におすすめの漢方薬は?
たとえば、「血」を補いながらめぐら
せる生薬「当帰」の入ったもの。
「血」のめぐりをよくする漢方薬は、たくさんあります
それぞれの体質に合ったものを選びましょう 
生理痛や生理不順がある方には 「血」に関係する漢方が必要ですね
「 生理周期と生理の日数」
「 生理周期と生理の日数」
周期は28〜35日ぐらいがひとつの目安ですが、
漢方的には周期が21日以下の場合は、
基本的にカラダは元気で老廃物の処理(解毒)能力がありますが、
脳ストレスや常に交感神経が優位にたっている時や
ファーストフードが影響し、
卵子の成熟が充分ではなく生理が早く来ます。
反対に周期が40日以上の場合は、
極端な食生活の乱れや極端なダイエットなどが原因になる事が多く、
その場合は老廃物の出来る要因が少なくて
老廃物も短期的には溜まりにくくなりますが、
反面、生理に必要な血液も出来にくく
長期的にみれば老廃物は少しずつ溜まっていきます。
血液も出来ないということは、
内臓器官に優先的に血液が使われるため
生理に必要な血液が不足し卵子の成長が止まったり、
排卵がスムーズに行われなくなります。
また、以前と違う周期の乱れが3回以上続くときは、
何かしらのトラブルが疑われます。
また、生理の持続日数は、その人の体調によって変わってきます。
「血」が不足した「血虚」の状態だと持続日数が短くなったり、
「血」のめぐりが悪く老廃物溜まっている状態「お血」だと
持続日数が長くなったりと体調に関係すると考えられます。
アスリートの人はよく生理が来ないといいますが、
それはスポーツをよくする人は、筋肉が多く体脂肪率が低いため常に
老廃物を燃やされる(除去)されていくので生理が来にくくなります。
また、アスリート以外の人でも体脂肪率の平均値より極端に低い人なども同じことが言えます。
「漢方的からだ年齢」をチェックしましょう。
 あなたはストレスやプレッシャーに負けない安定した精神状態ですか?

落ち込みやすく、物事をマイナスにとらえがち。そんな自分に自信がなくなる。
生理前の落ち込みが年々激しくなる。
問題が起こったときに自分で解決の糸口を見つけることができないし、
人のアドバイスも受け入れられない。
何か問題が起こったときに、とっさの判断力や解決力が低下しているように感じる。
妊娠への焦りが強い。
ストレスが妊娠力に何故関係があるのでしょうか?

動画を見る


「血」のめぐりがスムーズで、冷えや生理トラブルありませんか?

つねに肩こりや頭痛を感じている。
また、何か問題があると、すぐに頭痛になる。
脚、おしりなど、下半身の冷えを強く感じる。
生理のときに血のかたまりが出る。生理痛のときは鎮痛剤を服用しないとつらい。
(西洋医学の不妊治療で)卵には異常がないと言われているのに、なかなか着床しない。
では冷え性は何故不妊に関係しているのでしょうか?



子宮や卵巣にトラブルがないか心配です
35歳という年齢は 妊娠しやすさに影響がないですか?

実際 風邪をひいた、旅行で疲れたなど、
ちょっとした体の不調で生理が遅れたり、こなかったりします
真夏、真冬は生理が不順になりやすい。
体外受精で卵が採れにくくなる。
採れても卵の状態がよくないことが多く、受精卵の成長が途中でストップしてしまう。
子宮内膜が充分な厚さにならず、受精しても着床しにくいですが
何かアドバイスはないでしょうか?
血流だけではなくホルモンが低下してくると
今のような症状が起きてくることがあります
ホルモンとはどのような働きをしているのでしょうか?

ホルモンの作用について



ホルモン剤を飲むのが不安ですがどうでしょうか?
妊娠しやすい体づくり
妊娠しやすい身体を作るには 生理の時と生理から排卵日、排卵日から生理の時期は
女性というのは体調が違っている事を知りましょう
当然生理ののリズムによって漢方薬、サプリメントをのみ分ける必要があります

生理から排卵期は
子宮をきれいにして、生理で剥がれ落ちた粘膜を整える必要があります
卵胞の発育を促し、排卵を促すために内膜を厚くする必要があります 
子宮の血流を維持するには下半身を温める事が大切です
しかし物理的に温めるのではなく 筋肉量を維持したりすることで
身体が産生する熱量を作り出すことが大切なのです
それだけでも、着床しやすくするなるんですよ

妊娠や出産は、
子宮や卵巣だけでなく、体全体の機能がうまく働いてこそ成立します。
そこで妊娠しやすい体づくりを目指すのが自然療法。
なかでも近年、注目されているのが、
自然療法と西洋医学の長所を取り入れた「周期調節法」です。
「生理の周期に合わせた漢方薬をのみ、体の自然なリズムを整えていきます。
もちろん、西洋医学との併用も可能。
妊娠しやすいように体質改善をすることで、
体外受精などの不妊治療もサポートできます。

生理前はいろんな物が体に溜まってきている時期です。
生理という現象は体内に溜まったものを排泄します。
生理痛という現象は老廃物を処理する能力を超えた場合に起きる症状です。
1回の生理で出し切れなかったものが残ると、頭痛やシミなど出やすくなります。

生理のしくみを動画で見る


からだを作るには、気、血、精がかかわっています。
仕事や家事に追われていたり、
「子どもはまだなの?」というまわりからのプレッシャーを感じていませんか?
それに加えて毎日パソコンの前での仕事でほとんど運動しない
電磁波だらけのオフィスで気力がなくなる
体をめぐるエネルギーの「気」の流れが悪くなると、
ホルモンバランスが乱れ、子宮力&卵巣力が低下してしまいます。
「気」が慢性的に滞ることで、子宮卵巣には十分な血液が運ばれません
一定の血液が流れ込まないと内膜の厚さや内膜の柔らかさが保たれません
妊娠しにくい、着床しないなどの状態につながります

子宮や卵巣が正常に機能するためには、
新鮮な酵素や栄養分を充分に含んだ血流が必要です
栄養とうるおいを与える「血」をしっかりさせることが大切です
「血」のめぐりを滞ると、子宮力や卵巣力は低下します
ストレスがあると、
「血」を体にめぐらせるエネルギーのひとつである「気」も乱れるため
更に「血」の巡りが悪くなります


 


その要素に加えて
子宮力(着床しやすく、妊娠をキープする力)と
卵巣力(健康な卵つくり、排卵する力)があります
子宮力や卵巣力の働きや、ホルモンバランスをサポートするしくみを「精」と考えます
アンチエイジングにも関連しています
「気」「血」「精」が十分に充たされていることが大切です
「精」は精神の精でもあり 子供に恵まれる事をイメージし 心に豊かさと余裕を持ち
まずは、パートナーの事を思いやり大切にし スキンシップをとり
愛情あふれる温かい家庭を作っておきましょう