新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
主婦湿疹のスキンケアのコツ

JUGEMテーマ:健康

 

≪なかなか治らない主婦湿疹・主婦湿疹のケアのコツ≫

 

良くなったり、悪くなったりを繰り返す主婦湿疹。

主婦湿疹の原因が、実は「洗剤の害」である場合が多いのです。

炊事の時に、手袋を着用してもなかなか良くならないのです。

 

貴女の指の甘皮はどうですか?ありますか?削れてないですか?

 

甘皮が削れると、その部分が入口になり洗剤成分が吸収されます。

爪の生え際が紫色になったり、いびつな形になったりします。

 

吸収された洗剤の出口は、手の平や指の内側、指の間などです。

 

 

 

 

ステロイド剤の使用は、長期間の使用で二次感染のリスクを避けるためにも

使用は、安全性の目安の期間内に留めましょう。

 

 

 

 

ヘパリン類似物質は、血行をよくする「血行促進作用」のある物。

余計に痒みを引き起こしたりするので、医者の指示をよく守り

自己判断で使用するのは、控えた方がいいですね。

 

 

 

 

 

ワセリンを塗ると乾燥するのは

JUGEMテーマ:無添加スキンケア

 

冬場になると空気の乾燥とともにお肌も乾燥してきますね。

お肌が乾燥すると、ワセリンを塗る事も多いですが

余計に乾燥してしまうと感じる事も・・・

それは、なぜでしょうか??

 

 

≪ワセリンを詳しく知ろう!≫

ワセリンは石油由来の物を不純物を取り除いて精製したものです。

精製しているためお肌に塗る事自体は悪くはありません。

精製したものでも、精製度の低い物や皮膚科、眼科用などと

分けられます。

 

 

≪特徴≫

ワセリンは、肌への刺激性が少ない

1、肌への吸収率→ ほとんど皮膚に吸収されない

2、水分の透過率→ ほとんどない。保湿力が高く水分蒸発が起こらない

3、耐水性→ 油性が強いため皮膚を水仕事や外的刺激から守る

4、間食やテクスチャー→ ベタベタした感じがあまりない

 

ワセリン自体には潤い作用はありませんが、ワセリンを塗ると油膜をはるため

角質層の水分蒸発を防ぎ、外部からの刺激から皮膚を保護する働きがあります。

 

 

 

≪問題なのは≫

石油由来の商品であるワセリンは、原油の質が良ければ安全に使用することが出来ます。

日本の原油は主に、サウジアラビアや中東が多いです。

中東の油は、分類でいえば中質の重さの油です。軽質の油は、重金属が少ないのですが

中質、重質の思い油になると重金属のような不純物が多いです。

日本の優れた精製技術でも、全て取り去ることは難しいのです。

 

ワセリンの副作用添付文章には

アレルギー、発赤、発疹、かゆみなど。また、接触性皮膚炎も記載されています。

プロペトインタビューフォームや医薬品金属不純物の安全基準等を調べてみると

この原因として、金属不純物が疑われます。

 

 

 

 

≪ポイントは・・・≫

ワセリンは、保湿効果が十分発揮できるので

ワセリンを塗る前に、十分な皮膚の潤いが必要です。

入浴後、まだお肌にうるおいが残ってる内や保湿ジェルなどを

塗った後に、保護としてうすーく塗るのがコツです。

 

 

 

≪うすーくがポイントの理由≫

ワセリン自体が石油性の物なので油性です。

たっぷり塗り過ぎると、皮脂膜の油が奪われていくのです。

 

ワセリンは、ベタベタする程つけるのではなく

うすーくつけて、さらに乾燥するのを防ぎましょう!

 

 

</p>

 

化粧水のメインの成分って何?

JUGEMテーマ:無添加スキンケア

 

「化粧水っていったい何?」と考えたときに
何から出来ているのか? 何の為に使っているのか?

みなさん、分かりますか?

化粧水は、化粧品の中でも基本となるものです。
肌の、いちばん近くにつけるものです。

 

 

化粧水の基本的構成成分は《水》です。

 

化粧水を選ぶ時に最も重要なのは、どのような「水」を使っているかです。

しかし、残念ながら「ただの精製水使用」の場合が多いです。

 

酸性であろうが、アルカリ性であろうが、水素水であろうが

化粧水の表記は「水」です。

良いか悪いかは、使ってみるしかないのです。

 

 

実際に販売さられている化粧水には、色々なものが入っています。

化粧水の中に配合するものとして、下記のように色々なものが

はたして、必要なのでしょうか?必要がないのではないでしょうか?

 

 

≪化粧水に配合されているものには・・・≫


“の保湿剤
皮膚を柔軟にするエモリエント剤
Hに清涼感を与えたり、殺菌効果のあるアルコール
こ兌舛鯑隹修垢角質軟化剤 
ジ粁狙分を可溶化する可溶化剤
使用感・安定性を高める増粘剤
肌表面のPHを整える緩衝剤
栄養剤収斂剤殺菌剤香料防腐剤着色料
他、紫外線吸収剤などがプラスされています。

 


漢方のイナイでは 
化粧水に含まれる添加物が、皮膚に悪影響をおこしますので
基礎化粧品として使用されるものは、
完全無添加の化粧水を使います。


その上に、化粧下地を使わなくてもメイクが簡単にできる

シースカイジェルクリームをお勧めしています。

 


化粧水は

ご自身のお肌にジャストフィットする化粧水を選ぶ!!

ことが重要です。

 

 

防腐剤無添加化粧水の裏ワザ

JUGEMテーマ:無添加スキンケア

 

≪防腐剤無添加の裏ワザ≫とは・・・

 

この裏技に引っかかっている無添加化粧水ユーザーの多さには

驚きが隠せません。表記だけを見て頭で考えて「いい商品」と

思い込んでしまっているのです。

 

 

なんちゃっての無添加化粧水には、

グリセリンやBGなどがたくさん使われています。

多くの商品に使用されているため、

良いか悪いかの判断は、その配合分量なのです。

 

少量入れると保湿成分になりますから、

保湿成分として表記され、全く問題はありません。

 

 

しかし、グリセリンやBGなどを大量に入れると

保湿ではなく、防腐剤としての役割になり目的が変わってしまうのです。

 

結果、防腐剤を入れるよりも 悪いものになっている場合があるのです。

(グリセリンやBGを防腐剤として入れた場合、8%程を入れています。

無理やり無添加という表記にする場合はこのようにします。)

 

 

化粧品の表記では、配合成分は記載しますが分量までは記載しません。

 

グリセリンやBGは界面活性作用も強いので、お肌に塗って擦り込むと

肌のセラミドなどが奪われてしまいます。

 

グリセリンで口紅が落ちるぐらいですから

塗りすぎで、肌が薄くなっていくのは当然のことなのです。

 

 

本来、グリセリンやBGは、油性の成分の溶解補助に使います。

グリセリンやBG、保湿成分、界面活性剤、防腐剤を

最小限に配合するほうが

中途半端に作られた無添加製品より、マシだと言えるのです。

 

 

冬場の乾燥肌

JUGEMテーマ:健康

 

冬場に悪化する乾燥肌は「界面活性剤が入ったもの」の使い過ぎです。

 

”毎日クリームを塗らないとカサカサになる”

というのは、冬場は乾燥する時期だとしても

「こんなに乾燥する?なんで?」って思いませんか?

 

今回は、相談症例をもとにお話しします。

小学4年生の男児です。プールなどに入る訳ではない。

全身が痒く、特に衣類のこすれる部分(肩、肘、膝)が

カサカサ・ザラザラしてきて、温まると痒みが増す。

お風呂は上水道で塩素が入っている

ボディソープ・液体洗剤・柔軟剤使用

病院で、保湿用のクリーム処方されている

しかし、あまり改善されず、現在に至っています。

 

 

クリームは本来、創面のジュクジュクを治す目的(乾燥させる)

で処方するものです。保湿用のクリームで処方されているものは

血行促進剤であって、保湿されるものではありません。

 

 

保湿と思って塗っているのに、乾燥が治りきらない事があります。

日常で使用しているものを見てみましょう!

 

 

クリームや石鹸より便利なボディソープ。液体洗剤、柔軟剤など

ヌルヌルし滑らかで使用感の良い物は、水の中に油が溶け込んだ物です。

また界面活性剤は、水と油をうまくなじませるものです。

 

水と油が溶け合い、滑らかで使用感の良い物は

ついつい使い過ぎてしまいますが、ここが落とし穴です。

 

使いすぎると、皮膚の保湿成分《セラミド》も一緒に奪われるのです。

たっぷりと塗っているのに、洗うと乾燥した肌の戻ってしまう。

塗る ➡ 洗う ➡ 乾燥 ➡ 塗る の繰り返しになるのです。

 

 

この悪循環を止めるためのポイントは・・・

 

  ̄嫗寮剤や柔軟剤の使用時は、流水で十分なすすぎをする。

 

◆(歇哨リームの使用は中止せず、

シースカイジェルクリームと混ぜて使用する。

保湿クリーム:大豆粒くらい / シースカイジェルクリーム4g程度

 

 乾燥肌がひどくなってしまった時は

クマザサバスエッセンスをお風呂に、1プッシュ入れる。

塩素が入り、硬くなっている水も、軟水に変わりお肌に優しくなる。

 

 

合成界面活性剤が入ったものを使用時は、十分洗い流すことです。

天然の界面活性剤も使いすぎると、お肌はカサカサになりますので

使い過ぎないことです。

 

お肌のカサつきが良くなると、クマザサバスエッセンス

1回使用量を3〜4プッシュの通常量に戻します。

お風呂に浸かるだけで毎日、石鹸やボディソープを使用しなくても

日常の軽度の汚れは、落ちます。

 

シースカイジェルクリームは、95%が水で出来ていますので

乾燥肌(油分より水分が不足)の十分な水分補給で保湿が出来ます。

 

痒くて不快な乾燥肌を、早く改善させる近道です(*^-^*)

 

 

 

化粧品の保存料

JUGEMテーマ:無添加スキンケア

パラベンとは「パラオキシ安息香酸エステル」の略称で、
多種多様の化粧品に含まれています!

 


   薬事法で「アレルギーなどの皮膚障害を起こす恐れのある物質」
   として表示が義務づけられているため、
   医薬部外品などの化粧品でも表記はされています

 

 

メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、

プロピルパラベン、ベンジルパラベンと5種類あります。
化粧品ではエチル・メチルが主に使われています。

メチルパラベン食品保存料として使われまので、安心して使えると思います。

エチル、ブチル、プロピルは、環境ホルモン物質の疑いがあり、
ホルモンバランスをくずす可能性があります

 

 

パラベンには肌への効能はなく防腐剤ですが、
パラベンが原因でアレルギーを起こすという人は 
約0.3%程度らしいので、そんなに気にする必要はないように思います。

パラベンが入っていない化粧品にも、指定成分無添加の中で防腐剤となっている
フェノキシエタノール」が入っている化粧水などがあります。

フェノキシエタノールは少量では防腐剤の効果がありません!
パラベンの中でも毒性が低い「メチルパラベン」が少量入っているほうが良いのでは?

どちらの方が肌に安全なのでしょうか?

別のわけのわからない防腐剤が入っていると思うので、
パラベン無配合をアピールした化粧品は、逆に怖いようにも思います。

パラベン無配合の商品にも、あらかじめ各原料に「原料を安定させる目的」
で配合されているのが実情のようです

「これは成分表示の対象外になります」

パラベンが入っていないからって安全なわけではありません!

 

またアトピー性皮膚炎の方は、肌の抵抗力が強くありません

メイクをしなければいけない場合は、肌と下地、メイクの間に雑菌の発生を抑える

必要があります。何も入っていないものを使う事で返って症状が悪化する場合が

あるのです。

超敏感肌の方には アルコール類、グリセリン、BGなどが入っていないタイプが良く

感染症を起こしてジュクジュクしている時は、フェノキシエタノールやパラベンを最低限入れたりします